Category Archives: HIGOI

日本への労働者派遣の手続きと手順
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

日本は、多くのベトナム労働者が好む就業市場と高収入の1つです。多くのベトナム労働者は、収入を増やし、知識を学ぶ機会を求めて、日本を理想的な目的地として選択しています。 ベトナムから日本への労働者数は急速に増加しています。2013年以降、日本に派遣された労働者数は年間10,000人を超え、2015年には30,000人以上、2018年には54,000人以上に達しました。現在、日本で働いているベトナム人労働者の総数は約120,000人です。ベトナムは、15か国のうち、最も多くの労働者を日本に派遣している国です。特筆すべきことに、2018年末には、日本は台湾を上回って、ベトナムから最も多くの労働者を受け入れる国になりました。2018年11月には、日本は60,000人以上のベトナム人労働者を受け入れ、ベトナムから海外で働く労働者の総数の約50%を占めました。2019年には、出入国管理法改正案が参議院で可決されたことにより、ベトナムから日本に派遣される労働者数がさらに増加する見込みです。日本は今後5年間で約345,000人の外国人労働者を受け入れる予定です。 研修生および専門技術者プログラム促進覚書の署名式 日本の労働市場には、建設、衣料品製造、機械工学、部品の組み立て、食品加工などの従来の輸出業務に加え、トマトの栽培と収穫、イチゴの栽培、牛乳の飼育など、希少な仕事があります。 また、日本のインターンの給与水準も調整され、かなり増加しています。機械、建設、農業などの産業では、最低時給が8.4〜10.8米ドル(地域によって異なります)です。インターンの参考給与は、1,200〜1,800米ドルであり、高度な技術者には、大学と専門学校の学位に相当する1,500〜2,500米ドルが支払われます。 [...] [...]

2022年ICC-HIGOI文化交流センターの実績

コロナウイルスの影響を受け営業中止を余儀なくされましたが、その後2022年4月から ICC-HIGOI 文化交流センターの業務は再開されました。そのような状況下でのHIGOI 文化交流センターの実績を報告致します。 2022年は、日本へ339人を送り出しました。その中で技能実習生は303人で、特定技能有資格者は36人でした。詳細は、建設業(28%)、機械産業(21%)、食品業界(15%)、水産業(10%)、縫製(10%)、その他の業界(16%)で、2022年の目標は90%達成しました。日本へ入国した者は誰一人として失踪せずに真面目に働いています。弊社では「信用第一」、「お客様第一」を基本理念として運営しております。その結果、2022年には、55社にも及ぶ受け入れ企業の厚い信頼を得る事ができました。今後益々HIGOIが発展していくために、介護実習生の送り出しにも傾注しており、2022年10月には、実技指導のため介護福祉士を採用しています。今後さらに需要が高まる介護人材の指導救育に尽力して参ります。介護実習生の第一陣は、本年6月日本へ入国します。 昨年一年間、お客様、パートナー様におかれましては、惜しみないご協力とご指導を賜り、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。本年もなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 [...]

介護実習生の学習進路

日本の介護人材不足に応えるため、2022年10月にICC―HIGOI文化交流センターは介護実習生の教育を始めました。有能な介護実習生として、福祉の現場で貢献できるよう、弊社では、身分証明証や履歴書等に基づき、健康で明朗な人材を募集しています。そして日本で実務経験のある介護福祉士の指導のもと、介護施設で研修させています。センターへ入校した介護実習生は、介護施設で約1ヶ月間専門の知識や技術を学ぶことになります。 その後2ヶ月目からは日本語教育を開始し、4ヶ月目までの間に、少なくとも約90%の介護実習生は日本語能力N5レベルに達します。5ヶ月目以降出国までにさらに日本語を学びながら、専門用語や専門知識も習得していくことになります。介護実習生の学習期間は約8ヶ月に及び、出国までの間に、約80%の介護実習生が日本語能力N4を取得しますので、入国後も意思の疎通が図れて、貴重な戦力になり得るものと確信しています。つきましては、日本で介護実習生になりたい方々や、介護に興味を持っている方々もHIGOI文化交流センターまで、ぜひご連絡ください、社員一同心よりお待ちしております。 みなさん、どうぞよろしくお願い致します。 [...]