日本の労働輸出:日本で働くと労働条件が良く、安定した収入が得られます。

2022年9月5日の朝、労働・戦傷者・社会省の部長であるダオ・ノック・ドンが率いる公式代表団が、日本の厚生労働省を訪問し、協議を行いました。

「労働・傷病・社会省」は、ベトナム政府に属する機関であり、全国の労働、傷病および社会に関連する分野を管理および運営する責任を持っています。

「労働・傷病・社会省」(略称:「LDTBXH」)は1945年に設立され、多くの発展と変化を経験してきました。現在、「LDTBXH」には、次のような多数の部門や下部組織があります。

社会政策部門:社会政策、高齢者、子供、女性、および困難な状況にある人々の世話と保護に責任を持ちます。 労働・賃金部門:労働者の権利、賃金、社会保障および労働安全に関する管理と監視を行います。 商工部門:商工に関する管理と監視を行い、商工や軍人、政策家の家族などの管理とケアを行います。 海外労働管理部門:海外労働の管理と関連政策に責任を持ちます。 その他、労働・社会研究所、雇用アドバイザリーセンター、科学技術管理研究所などがあります。

「LDTBXH」の主な任務には、次のようなものがあります。

労働、賃金、社会保障、労働安全に関する政策の構築および実施。 高齢者、子供、女性、および困難な状況にある人々の世話と保護のプログラムを管理および開発すること。 商工、軍人、政策家、および関連する人々の管理とケアを行うこと。 海外労働に関する管理と監視を行うこと。 貧困削減、経済・社会の発展、国民の生活の質の向上など、その他の社会的な問題に関する政策の立案および解決を行うこと。

「LDTBXH」は、自身の管理分野で活動する組織や個人を管理および監督する責任も持っています。また、「LDTBXH」は政府、労働組合、企業、コミュニティーとの間に立って、労働や商業、軍事、社会に関連する政策を実施し、関連する問題を解決するための橋渡しを担います。

「労働・傷病・社会省」の活動は、国の経済・社会の発展に重要な貢献をしており、人々とコミュニティーに利益をもたらしています。

Bộ trưởng Bộ Lao động - Thương binh và Xã hội Đào Ngọc Dung tại Hội đàm. Ảnh LĐ
労働・福祉省大臣のDao Ngoc Dung氏と、日本の厚生労働省大臣のKato Katsunobu氏

加藤勝信厚生労働大臣は、日本の厚生労働省に感謝の意を表明し、ベトナムの労働・傷病・社会省と日本の関連機関が過去にベトナムからのインターン生を日本に派遣する際に緊密に協力してくれたことに感謝しています。

「厚生労働省」(Ministry of Health, Labour and Welfare – MHLW)は、日本政府の重要な機関の1つであり、国内の医療、労働、社会保障に関連する分野を管理および運営する責任を持っています。

MHLWは、厚生労働省と労働福祉省が統合された2001年に設立されました。現在、MHLWには60,000人以上の職員がおり、以下のような部門や下部組織に分かれています。

・保健医療政策局:医療政策の管理と提案、医療サービスの開発を行う。 ・公衆衛生センター:感染症対策、ワクチン管理、地域医療に関連する活動を担当する。 ・労働安全局:労働安全、職業病の問題について監視と管理を行う。 ・労働政策局:労働、社会保障、労働者の権利に関する政策の提案と実施を行う。 ・福祉政策局:社会福祉政策の管理、高齢者、障がい者、児童、困難な状況にある人々へのケアを行う。 ・その他、国立保健医療センター、国立医療研究所、職業安定所などがある。

MHLWの主な任務には、以下が含まれます。

医療、社会保障、労働安全、福祉に関する政策の立案と実施。 地域医療サービスの開発と提供。 市民の健康管理、特に困難な立場にある人々の世話と保護。 労働安全、職業病の監視と管理。 感染症対策、ワクチン管理、地域医療に関連する活動。 高齢者、障がい者、児童、困難な状況にある人々へのケア。 社会保障制度の監視と管理。 医療、労働、社会保障に関連する違反の調査と解決。

MHLWは、日本人の健康と生活の質を保護し向上させるために非常に重要な役割を果たしています。MHLWの政策と活動は、日本が医療、労働安全、社会保障、福祉において多くの成果を収め、健康的で持続可能な社会を維持することに貢献しています。MHLWは、市民の健康と福祉を最優先に考え、適切な政策と支援を提供しています。MHLWはまた、国際的な取り組みにも参加しており、国際保健政策や労働基準の向上に貢献しています。MHLWは、日本の発展と市民の福祉に不可欠な役割を果たしており、今後も継続的にその使命を果たすことが期待されています。

「日本側は、あらゆる分野でベトナムとの関係を重視しており、特に研修生、特定技能労働者、技術者の受け入れ分野は優先的に重要視しています。」- 加藤勝信厚生労働大臣は強調しました。

加藤勝信氏は、日本の政治家・リーダーであり、現在は日本政府の内閣官房長官兼新型コロナウイルス感染症対策本部長を務めています。

加藤勝信氏は、1955年8月22日に日本の宮城県で生まれました。早稲田大学で経済学を学び、三井住友銀行で働いた後、多くの異なる企業での経験を持ちました。

加藤勝信氏は、1995年に自由民主党から日本国会議員に選出され、政治のキャリアを開始しました。以来、彼は日本政府で多くの重要なポジションを占め、厚生労働副大臣、内閣官房長官兼新型コロナウイルス感染症対策本部長などを務めました。

内閣官房長官兼新型コロナウイルス感染症対策本部長として、加藤勝信氏は、日本でのCOVID-19パンデミックに対処するために多くの政策決定を行いました。これには移動制限、COVID-19情報を検索するためのウェブサイトやアプリの開発、人々の健康を守るためのワクチン接種キャンペーンの推進などが含まれます。

加藤勝信氏は、他の国や国際機関との会談や協議など、日本の外交活動にも積極的に参加しています。彼は日本の重要なリーダーの1人であり、将来的にも日本政府の重要なポジションを引き続き占める可能性がある人物とされています。

近年、日本の厚生労働省は、特に外国人実習生の受け入れに関する規則違反を行う企業や労働組合に対して、厳しい処置を取ってきました。外国人労働者への暴力や、劣悪な労働条件の提供などの問題に対して、断固とした姿勢を取っています。

Bộ trưởng Bộ Lao động - Thương binh và Xã hội Đào Ngọc Dung và Bộ trưởng Bộ Y tế, Lao động và Phúc lợi xã hội Nhật Bản Kato Katsunobu. Ảnh LĐ
労働・福祉省大臣のDao Ngoc Dung氏と、日本の厚生労働省大臣のKato Katsunobu氏

「当省は、特に外国人研修生の受け入れに関する規定を破った企業や団体に対して、厳格に取り締まりを行っています。特に、外国人労働者に対する虐待や違法行為を行った企業に対しては、インターンシップ生の受け入れ許可を取り消すなどの厳しい措置を講じています。」- 加藤勝信大臣は強調しました。

「Đào Ngọc Dung大臣は、日本外務大臣が会談のために時間を割いてくれたことに感謝しており、日本の厚生労働省とベトナムとの長年にわたる協力関係を高く評価しています。」

“「現在の協力関係が成り立つには、専門機関の努力に加え、加藤勝信大臣の三度目の保健労働大臣就任時における貢献、さらに自由民主党の事務局長や幹事長としての貢献が大きかったです。」” – Đào Ngọc Dung大臣は.

近年、ベトナムと日本の労働安全、社会保障、そして特に人材開発分野での協力関係について、道玄坂文大臣は高く評価し、現在、日本がその中でも特に重要な国の一つであると考えています。多くのベトナム人労働者にとって、日本の外国人労働市場は多くの利点があるため好まれています。これには、働く環境がよく、収入が安定していることが含まれます。現在、日本に住んで働いている約50万人のベトナム人のうち、370,000人以上が実習生として訓練されています。

日本に派遣される実習生の数と総労働者数の両方で、15か国中、ベトナムは最も多い数を誇っています。

しかしながら、両国間の協力関係をさらに良好にするために、道玄坂文大臣は、日本政府に報告し、特にベトナム人を受け入れる職業分野を拡大するよう提案しました。特に、ホテル客室サービス、バス運転手など、日本で不足している職業分野において質の高い人材を受け入れるよう提案しました。

道玄坂文大臣は、将来的には工業分野の発展を目指し、技術、専門知識、技能を持った高品質な労働力の受け入れを強化し、両国間の協力関係をさらに強化していくことを提案しました。

さらに、実習生に対する居住税や所得税の免除を検討するよう提案し、これに同意した加藤勝信大臣は、日本政府に報告し、関連する省庁と協力して、できるだけ早く職業分野の拡大を検討することを約束しました。また、外国人労働者に対する居住税や所得税の免除についても、財務省に提言することになるでしょう。

私はただのAIであり、未来を予測する能力はありませんので、2023年のベトナム労働者の日本での労働輸出について具体的な評価をすることはできません。ただ、過去の経験に基づいて、一般的な情報や予測を示すことができます。

近年、ベトナム労働者の日本への輸出は著しく増加しています。ベトナム労働者の輸出に関するベトナム労働・傷病・社会保障省の年次報告書によると、2020年には日本で働くためにビザを取得したベトナム人労働者が83,000人以上いたことが報告されており、日本に輸出された労働者の数では最も多い国となっています。日本への労働輸出は、多くのベトナム人労働者が経済発展が進んでいる国で仕事を得て、安定した収入とプロフェッショナルな労働環境を得る機会を提供しています。

しかし、COVID-19の流行がまだ続いている状況下で、労働輸出には多くの課題があるかもしれません。日本政府は、ウイルスの拡散を防止するために、移動制限措置を多数実施しており、入国する労働者の数を減らすよう求めています。これは、将来的には日本でビザを取得して働くことができるベトナム人労働者の数に影響を与える可能性があります。

また、一部のベトナム人労働者が日本の規則や法律に従わない場合、労働者の質や労働安全に関する問題が発生する可能性があります。これは、ベトナム人労働者の信頼性に影響を与え、論争を引き起こす可能性があります。

将来的に、ベトナム人労働者の労働輸出の質を維持・向上させるためには、政府や関連機関が、ベトナム人労働者を輸出する前に訓練やスキルアップのための支援政策を打ち出す必要があります。また、労働輸出を監視・管理し、労働者の権利と安全を保障するために、監視と管理を強化する必要があります。

さらに、高品質なベトナム人労働者を雇用するために、日本の企業や雇用主がベトナム人労働者と接触し、ベトナムの労働者を紹介するための努力が必要です。これは、ベトナム人労働者の信頼性を高め、労働輸出がより持続可能で効果的になることができます。

将来的には、ベトナムと日本の労働輸出に関するパートナーシップの協力と発展を促進するために、相互の経験を交換し、トレーニングプログラムを実施し、管理機関や雇用主との連絡を強化する必要があります。これにより、ベトナム人労働者の品質が向上し、ベトナムと日本のパートナーシップが新たな高みに到達することが期待されます。

続きを読む  ベトナムCOVID-19ワクチン基金への寄付に関しまして