日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

日本への労働者派遣の手続きと手順

日本は、多くのベトナム労働者が好む就業市場と高収入の1つです。多くのベトナム労働者は、収入を増やし、知識を学ぶ機会を求めて、日本を理想的な目的地として選択しています。

ベトナムから日本への労働者数は急速に増加しています。2013年以降、日本に派遣された労働者数は年間10,000人を超え、2015年には30,000人以上、2018年には54,000人以上に達しました。現在、日本で働いているベトナム人労働者の総数は約120,000人です。ベトナムは、15か国のうち、最も多くの労働者を日本に派遣している国です。特筆すべきことに、2018年末には、日本は台湾を上回って、ベトナムから最も多くの労働者を受け入れる国になりました。2018年11月には、日本は60,000人以上のベトナム人労働者を受け入れ、ベトナムから海外で働く労働者の総数の約50%を占めました。2019年には、出入国管理法改正案が参議院で可決されたことにより、ベトナムから日本に派遣される労働者数がさらに増加する見込みです。日本は今後5年間で約345,000人の外国人労働者を受け入れる予定です。

日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

研修生および専門技術者プログラム促進覚書の署名式

日本の労働市場には、建設、衣料品製造、機械工学、部品の組み立て、食品加工などの従来の輸出業務に加え、トマトの栽培と収穫、イチゴの栽培、牛乳の飼育など、希少な仕事があります。

また、日本のインターンの給与水準も調整され、かなり増加しています。機械、建設、農業などの産業では、最低時給が8.4〜10.8米ドル(地域によって異なります)です。インターンの参考給与は、1,200〜1,800米ドルであり、高度な技術者には、大学と専門学校の学位に相当する1,500〜2,500米ドルが支払われます。

日本の現場で働くインターンシップ生

日本政府は、ベトナムのインターンシップ生を支援するために多くの新しい法律を制定しており、ここでの労働時間を増やし、給与を増額し、支援情報を提供し、所得税を減免し、雇用の分野を拡大しています。日本は現在、ベトナムに最も多くの投資資本を持つ国の1つです。

日本企業はベトナムで多くの雇用と高収入を生み出しています。契約を完了した後、インターンシップ生はベトナムに戻り、ここでの雇用機会を拡大することができます。日本は、ベトナムの労働市場で魅力的で活発な市場であり、多くの企業がベトナム労働者の能力と経験を活用して、この潜在的な市場での労働力輸出活動に役立てたいと考えています。

現在の日本の労働力輸出市場

国外労働管理局 – 労働・退役軍人・社会省によると、2019年には10万人以上のベトナム人労働者が労働力輸出に成功し、そのうち日本は約54,000人を占め、前年比で21%以上増加しました。

これにより、現在、日本の労働力輸出市場は人数でトップに立っていることがわかります。

ただし、COVID-19パンデミックの影響により、ベトナム人労働者が日本に労働力輸出する人数が減少しました。一部の日本の雇用者団体がベトナムへの募集を一時停止したため、労働力不足が発生しています。

今後の日本の労働力輸出市場の予測

今後、ベトナム人労働者を日本の企業に採用する需要が増加するため、労働力を強化するために労働力輸出手続きや出国時間が緩和される可能性があります。新しい労働ビザ「特定技能」もベトナムでより広く展開されており、日本の労働力輸出市場の将来に対する前向きな兆候です。

日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

労働力輸出時の利点と課題

利点

日本の労働力輸出の給与水準が高い

日本に労働力を輸出する労働者の平均給与は、多くの他の市場よりもはるかに高いです。一般労働者の平均給与は、1か月あたり2,400万〜3,500万ドンであり、技術者の平均給与は1か月あたり3,200万〜4,000万ドンです。

日本での外国人労働者の福利厚生と支援制度は非常に優れています

日本では、労働者の福利厚生制度が保証され、明確に規定されています。労働者は保険に加入し、日本での雇用契約期間中に食事や住宅の権利が保障されます。また、日本の労働法で定められた労働生産性の向上に関する制度、休暇制度、そして法定の祝日があるため、労働者は労働生産性向上のためのボーナス制度や休暇制度などの福利厚生を享受することができます。日本での正規労働時間は1日8時間です。残業を行う場合、労働者は一定の残業手当が支払われます。これらのすべてのことが、ベトナム人労働者にとって魅力的な日本での仕事を作り出しており、特に安定した仕事と高い給与を望む人々にとって魅力的な場所となっています。

国内に帰国後のスキルアップと技術向上の機会

  • 契約を完了して帰国した労働者にとって、ベトナムでの雇用機会は非常に広がります。 何年もの間蓄積された日本語能力があり、そこから得られた技能も向上しています。そのため、労働者は工場管理、部門長、通訳者などのポジションに容易に就くことができます。
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

安全で健全な職場環境

日本企業は、外国人労働者を雇用するために、以下の要件をすべて満たす必要があります。
  • 税金未納がない
  • 直近2年間の財務報告が安定している
  • 逃亡留学生の数が許容範囲を超えていない
  • 宿舎が基準を満たしている
  • さらに、日本企業で働く場合、以下の利点があります。
  • プロフェッショナルで規律正しい労働環境
  • チームワークを学び、ライン作業に慣れる
  • フレンドリーで友好的な職場環境
  • モダンな技術や機械に触れる機会
  • 現地の日本語教師による日本語教育を受け、コミュニケーション能力を向上させることができます。

困難

生活費が高い

日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

日本で生活費を負担するために、労働者は賢明に財務を計画しなければなりません。特に、一般的な労働者やインターンシップ生は、技術労働者に比べて収入が低いため、特に重要です。

食費や住居費に加えて、日本で生活する際には、電気代、水道代、インターネット代、携帯電話代、公共交通費、娯楽費、ショッピング費などのその他の費用も考慮する必要があります。

ただし、賢く節約し、財務を効果的に活用することができれば、労働者はまだ快適に生活し、一定の貯蓄を積むことができます。また、日本政府には、労働者に対する支援策があります。例えば、交通費の割引、外国人がショッピングする場合の免税、無料の日本語教育支援などがあり、労働者の費用負担を軽減することができます。

言語障壁

コミュニケーションの困難は、日本に派遣される労働者が直面する問題の一つです。出発前に日本語のクラスに参加することはもちろんのこと、労働者は日本語能力を継続的に向上させるために、日本語の読み書きや会話の練習を積極的に行う必要があります。また、現地の人々と交流し、学ぶことも、労働者のコミュニケーション能力を向上させるために有効な方法の一つです。

文化の違い

Việt Namと日本の文化の違いは、ベトナム人労働者が日本で働く際に直面する大きな課題の1つです。日本の多くの文化は、コミュニケーション方法、仕事への態度、社会的ルールなど、ベトナムと完全に異なります。これは、労働者が日本人との適応と相互作用に苦労する可能性があることを意味します。

しかし、日本で効果的に働き、成功を収めるためには、労働者はここでの文化的価値観や規則を理解し、尊重する必要があります。新しい文化に適応し、学ぶことは、日本の職場で効果的に働き、成功を収めるために必要なことです。

日本への労働輸出時の給与

日本での労働輸出時の基本給与

日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要
日本の労働輸出:日本の労働輸出市場の概要

基本給与は、労働契約書に記載されている基本給与で、残業手当や食事代、電気代、水道代、保険料などは含まれておらず、労働契約が終了した際に、先払いされた保険料は労働者に返還されます。

基本給与は、労働形態によって異なり、通常、120,000円から200,000円 の範囲内にあります。現在、日本は、外国人労働者向けの特別技能ビザプログラムを導入しており、日本の労働者と同等の給与に関する多数の政策や規制が存在しています。

日本で働く労働者の手取り給与

手取り給与とは、水道光熱費、ガス代、保険料、税金、家賃や寮費など、直接的な費用を差し引いた実際に受け取る給与額を指します。これらの費用を差し引いた後に、労働者が最終的に受け取る給与額が手取り給与となります。ただし、生活費として食費や衣服の買い物などの費用は、労働者が自己負担する必要があります。

日本での労働派遣の基本給与

日本政府の規定によれば、日本の工場や企業で働く労働者は、平日(月曜〜金曜)の勤務時間は最大8時間であり、残業が発生した場合は、企業は労働者に追加の賃金を支払う必要があります。この追加賃金は、以下のレートで残業手当として計算されます。

  • 平日の時間外勤務(法定の8時間を超える):基本給の25%増し
  • 休日(土曜日、日曜日):基本給の35%増し
  • 22時〜5時までの時間帯の勤務:基本給の50%増し + 夜間勤務手当が直接給与に支払われます。
  • 祝日の勤務:基本給の200%増し

労働者の給与に影響を与える要因

職種の特性によって異なる

有害、危険、疲れがたい仕事ほど、給与が一般的に高くなります。例えば、機械塗装、鋳造、溶接、足場などは一般的な水準よりも高い収入があります。仕事の要件が高いほど、収入も高くなります。例えば、旋盤加工、フライス盤、鉋、機械加工、木工などは高収入な職種です。また、縫製業界でも、段階的な縫製、完全な縫製、ファッション縫製などで異なる収入があります。

業種によって

有害、危険、重労働な仕事は通常一般的な水準よりも高い収入があります。例:金属塗装、鋳造、溶接、足場…。仕事の要求が高いほど、収入も高くなります。例:旋盤加工、フライス盤、木工、機械加工、製材…は収入が良い職業です。服飾業界でも、部分縫製、仕上げ縫製、ファッション縫製など、様々な収入があります。完了した仕事の品質、従業員の態度や感情に応じて、収入は四半期ごとに、年ごとに、継続的に上昇します。

各地域の特徴による給与の違い

異なる県には通常異なる基本給があり、郊外の給与も都市中心部よりも低い(通常、高い給与は大きな生活費に付随する)。

日本で労働移民に出る費用

ほとんどの応募者は、低収入で不安定な地方部から来ており、経済的な制限があり、日本への労働輸出の費用が非常に高いため、十分な費用を用意することが容易ではない。したがって、労働者が日本に行くための費用は非常に高額であり、多くの労働者にとっては費用面での準備が困難である。

日本で働くために登録する前に、労働者は日本に行くための費用について十分に調べる必要があります。以下は、労働者が支払わなければならない出国費用です。

日本の労働市場に出向くための健康診断費用

日本への労働者派遣プログラムに参加したい人々は、同国での就労に必要な健康要件を満たすため、健康検査を受ける必要があります。この健康検査の費用は病院によって異なり、700,000ベトナムドンから2,000,000ベトナムドンに幅広く変動します。

採用後の日本語トレーニング費用及び採用前の日本語トレーニング費用

受注前の日本語学習費用

日本で働くためには、労働者は職場や日常生活でのコミュニケーションに必要な基本的な日本語能力が必要です。ただし、労働者に対する日本語能力の要件は、インターンシップ、特定技能、エンジニアなどの登録形態によって異なります。

受注後の日本語学習費用

日本で働くことが決まった労働者は、企業によって日本語のトレーニングや必要な知識を提供され、日本の職場で働く前に装備することができます。トレーニング期間は、採用通知日から数えて平均的に3〜5ヶ月です。日本での就労前に必要な日本語能力要件は、インターンシップ、特定技能、エンジニアなどの登録形態によって異なります。

「職業トレーニング費用(あれば)

書類料金およびサービス料金

労働省および財務省の共同通達第16号による規定によると、この費用は、労働者が海外で働くための契約を実行するために、企業に支払わなければならない費用です。

規定によれば、

  • 1年間の労働者派遣契約について、サービス総費用は1か月分の給与を超えてはならない。
  • 3年間の労働者派遣契約について、サービス総費用は労働契約の給与総額の3か月分を超えてはならない。

労働者派遣センターの寮費用(あれば

日本語学習や労働技能のトレーニング中に、企業は特に遠方から来た労働者のために食費を提供します。労働者が宿泊する必要がない場合は、住宅費用を支払う必要はありません。各労働者は、企業が提供する寮に宿泊することができます。ただし、この費用は企業によって異なります。

トレーニングセンターで参加する際に発生する追加費用

日本語学習や労働能力のトレーニングに参加する際に、労働者は教材、制服、学用品などを提供されます。

日本への労働者派遣の手続きと手順

日本への労働者派遣の手続きと手順
日本への労働者派遣の手続きと手順

ステップ1:エントリー選考

  • プログラムに参加するには、候補者は年齢、身長、体重、学歴などの基本的な要件を満たす必要があります。エントリー選考プロセスは、日本での労働者派遣に適格な候補者を選択するのに役立ちます。

ステップ2:登録、デポジットおよび必要書類の提出

  • エントリー選考要件を満たした労働者は、登録を行い、デポジットを支払い、企業と契約を締結します。

ステップ3:日本語および職業トレーニング(登録タイプおよび募集要件に応じて)

  • 労働者は、日本語学習や職業トレーニングに参加し、登録形態および募集要件に応じてトレーニングを受けます。

ステップ4:募集申請の登録

  • 労働者は適切な募集申請をアドバイスされた後、登録して面接の予約を取ります。

ステップ5:面接

  • 日本語の面接を直接採用者と行うか、スカイプ、Zalo、Lineなどのインターネットを介して間接的に行うかを選択します。技能試験:技能試験、フィットネス試験、スキル試験、IQテスト(採用者によって異なります)

ステップ6:選考合格後の書類整備

  • 労働者は、日本の入出国管理局の要件に応じて必要な書類について指示を受けます。

ステップ7:在留資格の申請(COE)

  • 書類整備が完了したら、労働者の書類は入国管理局に提出され、在留資格(COE)を申請します。承認には3〜6か月かかる場合があります(状況による)。

ステップ8:在留資格(COE)取得後のビザ申請

  • 在留資格を取得した後、企業は日本大使館で労働者のビザを申請します。

ステップ9:出国

  • ビザが発行されると、労働者は出国手続きを受け、日本での就労が始まります。

信頼できる日本の労働者派遣会社の選択

大流行後、多くの労働者派遣会社が財政的な困難に直面し、ビジネスを維持するために良心を失い、虚偽の仕事を提供して労働者の資金を搾取する会社もあります。こうした状況に陥らないように、信頼できる会社を選択するためには以下の要素に基づく必要があります。

  • 法人会社は明確である必要があります。
  • 労働者の輸出に関する分野で長年活動していること、オフィスやセンターの住所が明確であることが必要です。
  • アドバイザーは追加料金を請求しないように約束しなければなりません。
  • 銀行は中間者です(労働者が求人票に合格した後、出国費用を銀行に預けるため、労働者が安心して信頼できるように)。
  • 費用は柔軟に分割されます(事情や労働者の選択に応じて、費用を100%、50%滞納するプログラムがあります)。
  • 労働者の支援を継続して提供するために、輸出業務に長年従事し、明確で具体的な住所が必要です。
  • 直接採用し、仲介業者やブローカーはいりません。
  • 良い求人票、安定した仕事、高い賃金が必要です(明確なイメージと賃金表が必要です)。
  • 労働者が日本で働く過程で継続的に支援することが必要です。

HIGOIを選ぶ理由は何ですか?

HIGOIを選ぶ理由は何ですか?
HIGOIを選ぶ理由は何ですか?
  • HIGOIは信頼できる雇用先を提供し、包括的なサービスを提供して、労働者が最もスムーズな出国経路を得て、リスクを最小限に抑えるために尽力しています。
  • 労働者が出国労働のために必要な資格証明書(初級、中級、上級)を取得するための勉強や試験の準備について、献身的に支援します。
  • 企業とトレーニングプログラムに関する無料相談と情報提供を行います。
  • 出国のための翻訳、公証、および応募書類の準備を行います。
  • 出国前に労働者の生活スキルを訓練します。
  • 宿泊、食事、保険、航空券の手配を手厚く行います。
  • 出国前の説明会を開催し、空港での迎えを行います。
  • 労働者の監護サービスを手配します。
  • どこへ行っても労働者をサポートします。
  • 労働者の家族が出国労働者を訪問するためのビザサポートを提供します。

専門的で献身的

HIGOIは、日本への労働者輸出に関する包括的かつ専門的なコンサルティングサービスを提供しています。当社のコンサルタントは、教育システム、輸出手続き、ビザ、および労働者輸出に関連する多くの情報について専門的に訓練され、知識を最新化しています。

専門的で献身的
専門的で献身的

当社は、お客様に対して献身的な姿勢を持ち、彼らの海外旅行の信頼できるパートナーになることを約束します。出発前に、荷物、空港送迎、および入国手続きについての指導を提供します。

私たちは、ベトナム人労働者が日本で働く際の困難や戸惑いを理解しているため、彼らが新しい環境、言語、文化に適応するのを支援するための経験を共有します。

現在、コロナウイルスはベトナムと日本の両方で十分にコントロールされています。日本の人材需要はますます高まっており、労働者輸出企業は労働者に対して多くの魅力的な政策を提供しています。したがって、2023年の日本での労働者輸出プログラムに参加するための理想的な時期です。

本記事の情報が皆様にとって有益であることを願い、日本への労働者輸出のメリットについて多くの知識を提供できたことを願っています。労働者輸出プログラムに関する質問や疑問点がある場合は、HIGOIのスタッフに直接お問い合わせください。

続きを読む  耕種農業の事前面談です